特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

宮城の震災遺族が中学生に命のバトン 「何気ない日々を大切に」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
岩出山中学校で防災と命の大切さを語る田村孝行さん(右)と弘美さん=宮城県大崎市で2021年2月19日、佐々木順一撮影
岩出山中学校で防災と命の大切さを語る田村孝行さん(右)と弘美さん=宮城県大崎市で2021年2月19日、佐々木順一撮影

 東日本大震災の津波により、宮城県女川町の銀行に勤務していた長男健太さん(当時25歳)を亡くした大崎市の田村孝行さん(60)と妻弘美さん(58)が20日、同市立岩出山中で「いのちの教室」の特別授業を行った。健太さんの残した縁に導かれて実現した特別授業。震災当時は幼かった生徒たちも、夫妻の「何気ない日々を大切に」というメッセージを真っすぐ受け止めていた。

 健太さんは七十七銀行女川支店で勤務中に被災。銀行は目の前の高台ではなく2階建ての支店屋上に従業員を避難させ、健太さんを含む12人が津波にのまれ犠牲になった。

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1019文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集