特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

五輪のために積極的疫学調査縮小? 保健所長が明かす現場の実情

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
多くの職員が新型コロナ対応の作業に当たる東京都中央区保健所=東京都中央区で2021年2月19日午後2時45分、大島祥平撮影
多くの職員が新型コロナ対応の作業に当たる東京都中央区保健所=東京都中央区で2021年2月19日午後2時45分、大島祥平撮影

 東京都の新型コロナウイルス新規感染者数が減ったのは、積極的疫学調査を縮小したからではないか? インターネット上ではそんな意見や、東京オリンピック開催との関連を疑う声まで見られる。また、聖火リレーの中止検討を表明した島根県の丸山達也知事は調査縮小に触れて「五輪開催資格がない」と述べた。実態はどうなのか。最前線にいる都内の保健所長らに聞いた。

 積極的疫学調査とは、陽性者の行動履歴を確認して、濃厚接触者や感染経路を追跡する調査のこと。「しらみつぶし」にすることで感染拡大を防ごうという考え方だ。調査は、各地の保健所職員が担ってきた。

この記事は有料記事です。

残り1799文字(全文2065文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集