コロナを機に進むか 学校トイレ洋式化 自治体ごとに「格差」も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
和式から洋式に改修されたトイレ。温水洗浄便座になっている=金沢市内の小学校で2021年2月9日午後0時28分、井手千夏撮影
和式から洋式に改修されたトイレ。温水洗浄便座になっている=金沢市内の小学校で2021年2月9日午後0時28分、井手千夏撮影

 家庭のトイレと言えば洋式が一般的になったが、今なお全国の小中学校のトイレでは約半数で和式が残る。昨年9月に文部科学省が発表した全国の公立小中学校にある洋式トイレの割合は57%。「子どもたちが慣れない和式で用を足せずに困っている」という声もあり、近年は衛生面や新型コロナウイルスを含む感染症対策の面からも洋式化が求められている。【井手千夏】

この記事は有料記事です。

残り1281文字(全文1451文字)

あわせて読みたい

注目の特集