入院中の福岡・小川洋知事、辞職不可避 定例会期中に進退表明へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
入院前日の1月19日に記者団の取材に応じる小川洋知事=福岡市の福岡県庁で2021年1月19日午後6時1分、吉住遊撮影
入院前日の1月19日に記者団の取材に応じる小川洋知事=福岡市の福岡県庁で2021年1月19日午後6時1分、吉住遊撮影

 肺腺がんで入院中の福岡県の小川洋知事(71)が、県議会2月定例会(22日開会、3月24日閉会)の会期中に進退を表明する意向を固めたことが県関係者への取材で判明した。関係者によると、小川氏の病状は厳しく治療の長期化は避けられないといい、辞職は不可避の状況だ。

 県は9日、小川氏が肺がんの一種、肺腺がんであることと、12日に予定した公務復帰の見送りを発表。服部誠太郎副知事が…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集