競歩女子Vの藤井、憧れの先輩に快勝「五輪メダルに挑戦したい」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
女子20キロ競歩、1位でフィニッシュする藤井菜々子=神戸市の六甲アイランド甲南大西側コースで2021年2月21日、久保玲撮影
女子20キロ競歩、1位でフィニッシュする藤井菜々子=神戸市の六甲アイランド甲南大西側コースで2021年2月21日、久保玲撮影

 陸上の日本選手権男女20キロ競歩が21日、神戸市の六甲アイランド甲南大西側コースで行われ、女子は東京オリンピック代表の藤井菜々子(エディオン)が1時間30分45秒で初優勝。同五輪代表の岡田久美子(ビックカメラ)は1分6秒差で2位となり、7連覇を逃した。

 強烈なスパートだった。21歳の藤井は同じ東京五輪代表で29歳の岡田と一騎打ちとなり、残り5キロを切ってから一気にペースを上げて突き放した。最後は右拳を握ってフィニッシュ。「素直にすごくうれしい」と初優…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文572文字)

あわせて読みたい

注目の特集