ヤクルトドラ1木沢、初の対外登板 「プロ相手の高揚感あった」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
楽天との練習試合で「実戦デビュー」を果たしたヤクルトのドラフト1位新人、木沢=沖縄県浦添市で2021年2月21日午後1時52分、中村有花撮影
楽天との練習試合で「実戦デビュー」を果たしたヤクルトのドラフト1位新人、木沢=沖縄県浦添市で2021年2月21日午後1時52分、中村有花撮影

 初の対外試合となった21日の楽天との練習試合。三回から2番手でマウンドに上がり、「オイショー」とほえながら威力のある球を投げ込んだ。

 先頭の下妻を空振り三振に仕留めたものの、辰己に右中間を破られる二塁打を許し、小深田に四球を与えて一、二塁。ピンチを招いたが冷静だった。続く鈴木大を一直併殺打に打ち取ると、四回も無失点で切り抜けた。「プロの打者相手に投げる高揚感があった。今日の気持ちを忘れな…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

あわせて読みたい

注目の特集