連載

アートの扉

国内各地の美術館が所蔵するイチオシの作品や、特設展の見どころを紹介します。

連載一覧

アートの扉

発見!お宝 横浜美術館/4 ルネ・マグリット 王様の美術館 想像力広がる、身体の森

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
1966年 油彩、カンバス 縦130センチ、横89センチ 横浜美術館蔵
1966年 油彩、カンバス 縦130センチ、横89センチ 横浜美術館蔵

 シュールレアリスムを代表する画家の一人、ルネ・マグリットは、1898年ベルギーに生まれた。早くに母を失い、少年時代は幸福なものではなかったというが、その中で絵を描くことに喜びを見いだし、美術学校に入学。当初はキュービスムや未来派の影響のもとに前衛的な絵画を模索したが、デ・キリコの「形而上(けいじじょう)絵画」に啓示を受け、1926年ごろに無意識や夢の世界を描くシュールレアリストのグループに加わった。

 マグリットは、あるイメージを本来の文脈とは異なる場に置くことで、驚きや不思議な感覚を呼び起こす手法を用い、詩情に満ちた白昼夢のような世界を次々と描き出した。

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文947文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集