押印1175件で廃止へ 草津市、水道届など 4月から /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 草津市は19日、行政手続きの簡便化やオンライン化に向け、市民や法人が提出する申請書などの押印について、4月1日から手続きの約66%で押印義務の廃止を目指すと発表した。26日開会の市議会に関連条例の改正案を提出する。

 同市は、押印を求める1777の手続きを精査し、うち1175の手続きについて「押印が…

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文337文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集