特集

菅首相長男接待

総務省幹部が「東北新社」に勤める菅首相の長男から接待を受けていた問題。特別扱いの構図が浮かび上がりました。

特集一覧

首相長男問題 接待攻勢39回 野党「行政ゆがめられた」と批判

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会で立憲民主党の奥野総一郎氏の質問に答えるため挙手する谷脇康彦総務審議官(右)。右から2人目は吉田真人総務審議官=国会内で2021年2月22日午後1時40分、竹内幹撮影
衆院予算委員会で立憲民主党の奥野総一郎氏の質問に答えるため挙手する谷脇康彦総務審議官(右)。右から2人目は吉田真人総務審議官=国会内で2021年2月22日午後1時40分、竹内幹撮影

 総務省幹部が放送事業会社「東北新社」に勤める菅義偉首相の長男らから接待を受けた問題で、22日の衆院予算委員会は、同省の調査結果を巡る論戦で持ちきりとなった。衛星放送事業者の経営が厳しさを増していた背景もあり、野党側は同省が首相長男を特別扱いしたと追及。首相は防戦に躍起となった。

 「首相は総務省に絶大な影響力を持っている。長男の存在は総務官僚も考慮に入れなければならなかったのではないか」。立憲民主党の広田一氏は、総務省幹部らが延べ39回も接待を受けたのは「首相の影」がちらついたことに原因があったと指摘した。

 首相は2008年に長男が東北新社に入社するにあたって「総務省とは距離を置いて付き合うように」と助言したと明らかにし、長男が総務省幹部らと会食を重ねていたことについて「驚いた」と述べた。

 立憲の奥野総一郎氏が「首相が黙認しているんだから、(官僚側が)行っても大丈夫という緩みにつながった」と詰め寄ったが、首相は「長男と会社の話は一切していない。報告も受けていなかった」と関与を否定。立憲の大串博志氏が直接長男に事情を聴くよう迫っても「個人的に聞き取りを行い、内容を答弁することは行政府の長として避けるべきだ」と応じなかった。

 しかし野党側は東北新社側との会食が度重なったことで「行政がゆがめられた」との批判を強めている。接待問題を巡ってこの日初めて委員会に出席した谷脇康彦、吉田真人両総務審議官がいずれも、他の衛星放送事業者と同様の会食をしたことはないと答弁し、「特別扱い」ぶりをうかがわせたためだ。

 奥野氏は、東北新社が17年1月にBS4K放送事業者に認定されたことに着目。当時、…

この記事は有料記事です。

残り1756文字(全文2453文字)

【菅首相長男接待】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集