EV普及で雇用30万人減の恐れ 部品減少でメーカー苦境

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日産自動車の新型EV「アリア」=横浜市西区で2020年7月14日午前9時30分、松岡大地撮影
日産自動車の新型EV「アリア」=横浜市西区で2020年7月14日午前9時30分、松岡大地撮影

 自動車がガソリン車から部品数の少ない電気自動車(EV)に切り替わることで、国内の部品メーカーの雇用が大きく減少する恐れがあることが明らかになった。現在300万人程度とされる関連雇用が30万人減るとの試算もあり、メーカー各社は新たな事業創出に向け研究開発を加速。地方自治体も雇用を維持するための支援を模索している。

 EVはモーターでタイヤを駆動して走るため、エンジンなどに関係する部品が不要となり、部品数はガソリン車の3万点から2万点程度に減るとされる。アーサー・ディ・リトル・ジャパンの経営コンサルタント、祖父江謙介氏は、自動車部品に関連する雇用は国内で300万人程度とした上で、EV化で1割の約30万人の雇用減少につながる恐れがあると指摘する。

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文830文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集