NZ地震10年 亡き妹「今も皆の心に」 携帯番号受け継いだ兄

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本人28人が犠牲になった2011年のニュージーランド地震は22日で発生から10年。大阪市北区の玉野晴久さん(57)は看護師の妹裕子さん(当時43歳)を亡くした。携帯電話の番号を受け継ぎ、今も友人から連絡が絶えない。「思った以上に人気者やった」とほほえむ晴久さん。妹は皆の心の中で生きていると実感している。

 「裕子ちゃんがおる所、大変なことになっている」。近所の人が地震のニュースを見て自宅に駆け込んできた。裕子さんは旅行や留学で何度も海外に行き、ニュージーランドには地震の約4年前に渡航。現地で看護師として働くために語学学校に通った。その学校が入るビルが崩れていた。

この記事は有料記事です。

残り805文字(全文1090文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集