普天間移設巡る沖縄県民投票2年 「民意は全国に届いたのか」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
県民投票から2年を振り返る平良いずみさん=那覇市の沖縄テレビ放送で2021年2月16日午後2時12分、遠藤孝康撮影
県民投票から2年を振り返る平良いずみさん=那覇市の沖縄テレビ放送で2021年2月16日午後2時12分、遠藤孝康撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設に伴う名護市辺野古沿岸部の埋め立ての賛否が問われた2019年の県民投票から24日で2年。投票結果は「反対」が7割を超えたが、政府はその後も埋め立て工事を続けている。20年に基地問題をテーマに製作したドキュメンタリー映画「ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記」の劇場公開に合わせ、舞台あいさつで全国各地を訪れた沖縄テレビ放送のキャスター、平良いずみさん(44)に聞いた。「県民投票で示された沖縄の民意は全国に届いていましたか」【遠藤孝康/那覇支局】

 <平良さんが監督を務めた映画「ちむぐりさ」は米軍基地問題に揺れる沖縄の日常を石川県から移住した少女、坂本菜の花さんの視点で追った作品だ。「ちむぐりさ(肝苦りさ)」とは沖縄の言葉で「胸の痛み」のこと。20年2月の那覇市での先行上映を皮切りに全国23都道府県の映画館30カ所で順次公開された>

 ――先行上映から1年がたちました。

 ◆新型コロナウイルスの感染拡大で上映の延期や座席数の制限がある中でしたが、観客数が1万人に届きました。配給会社からは「この手のドキュメンタリーは1万人を突破すればヒットだよ」と。自主上映の申し込みも今、10件来ています。先日は東京の高校で「沖縄への修学旅行は新型コロナウイルスの影響でキャンセルになったけれど、映画だけでも見せたい」ということで上映していただきました。元々、…

この記事は有料記事です。

残り2096文字(全文2689文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集