NZ地震10年「今でも街中で娘の姿探す」変わらぬ遺族の悲しみ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ニュージーランド地震犠牲者の追悼式典後、取材に応じる遺族。左から金丸直弘さん、横田政司さん、菊田邦俊さん、堀田和夫さん、山谷信昭さん=富山市の富山外国語専門学校で2021年2月22日、青山郁子撮影
ニュージーランド地震犠牲者の追悼式典後、取材に応じる遺族。左から金丸直弘さん、横田政司さん、菊田邦俊さん、堀田和夫さん、山谷信昭さん=富山市の富山外国語専門学校で2021年2月22日、青山郁子撮影

 日本人28人を含む計185人が亡くなった2011年2月22日のニュージーランド(NZ)地震から22日で10年を迎えた。新型コロナウイルス感染防止のため、毎年命日に現地を訪れていた遺族は今年、渡航を断念。語学研修中の学生12人が犠牲になった富山市の富山外国語専門学校も、毎年実施してきた「追悼の集い」の規模を縮小するなどコロナ禍に揺れる節目の年となった。

 富山市の堀田和夫さん(66)は当時19歳だった長女めぐみさんを地震で亡くした。翌年から毎年、妻とともに現地を訪れ、愛娘が犠牲となったカンタベリーテレビ(CTV)ビルの倒壊跡地近くで開かれるクライストチャーチ市主催の追悼式典に参加してきた。10年の節目を富山で迎えたが「我々遺族の気持ちは当時と少しも変わらない」と複雑な心境を語る。

この記事は有料記事です。

残り1009文字(全文1352文字)

あわせて読みたい

注目の特集