関西将棋会館の移転が決定 2023年度以降、大阪・高槻市へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
現在の関西将棋会館=大阪市福島区で2021年2月22日、新土居仁昌撮影
現在の関西将棋会館=大阪市福島区で2021年2月22日、新土居仁昌撮影

 日本将棋連盟(佐藤康光会長)は22日、臨時総会を開き、現在、大阪市福島区にある関西将棋会館を大阪府高槻市へ移転することを賛成多数で承認した。移転は2023年度以降となる。

 高槻市から誘致があり、同市中心部の市有地への移転が決まった。土地購入や新会館建設に約13億円の費用を見込み、現会館の売却益の一部を充てる方針。記者会見した連盟の脇謙二専務理事は新会館について「椅子対局がで…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文473文字)

あわせて読みたい

ニュース特集