特集

愛知リコール不正

愛知県知事の解職請求(リコール)を目指した運動。署名偽造に関与した疑いで、活動団体事務局長らが逮捕されました。

特集一覧

リコール署名不正疑惑 高須院長らも関与否定「何の関係もない」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
リコール署名の不正疑惑について、記者会見で「全く知らない」と否定する高須克弥院長=名古屋市中区の愛知県庁で2021年2月22日午後5時34分、太田敦子撮影
リコール署名の不正疑惑について、記者会見で「全く知らない」と否定する高須克弥院長=名古屋市中区の愛知県庁で2021年2月22日午後5時34分、太田敦子撮影

 愛知県の大村秀章知事の解職請求(リコール)を巡る署名不正疑惑で、署名活動団体「愛知100万人リコールの会」の会長を務めた美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長らが22日、県庁で記者会見し、団体の関与について「明確に何の関係もない」と改めて否定した。

 会見には高須院長のほか、同会の田中孝博事務局長、代理人の田中智之弁護士が出席した。リコール運動を巡っては、名古屋市の広告関連会社が別の会社を通じて佐賀県でアルバイトを募集し、事務局の指示で偽の署名を書き込ませていた疑惑が浮上しているが、田中事…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文622文字)

【愛知リコール不正】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集