小4殺害容疑で父親再逮捕 奈良のダム湖で「共に死ぬことにした」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
奈良県警=中津成美撮影 拡大
奈良県警=中津成美撮影

 奈良県川上村のダム湖で同県宇陀市の小学4年、徳谷奈那子さん(10)が心肺停止の状態で見つかり、その後死亡した事件で、奈良県警は22日、奈那子さんを殺害したとして、生命身体加害誘拐容疑で逮捕していた父親で調理師の徳谷和彦容疑者(36)=同市=を殺人の疑いで再逮捕した。

 再逮捕容疑は12日午後7時~13日午前0時ごろ、身体障害と知的障害のある奈那子さんを抱きかかえてダム湖に入り、溺死させたとしている。徳谷容疑者は父が営む料理店で働いており、仕事について「父から厳しく言われ続けることへのストレスに悩んでいた」と供述。「娘の障害を受け止められず、妻の負担もなくなると思い、共に死ぬことにしたが自分だけが生き残ってしまった」などと容疑を認めている。

 県警は13日、奈那子さんを殺害目的で養護学校から連れ出したとして、生命身体加害誘拐容疑で徳谷容疑者を逮捕していた。【林みづき】

あわせて読みたい

注目の特集