「涙が止まらない」原告団に歓声 生活保護費減額「違法」判決

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
判決後の集会で拍手をする原告の堰立夫さん=大阪市北区で2021年2月22日午後4時49分、久保玲撮影
判決後の集会で拍手をする原告の堰立夫さん=大阪市北区で2021年2月22日午後4時49分、久保玲撮影

 「涙が止まらない」。生活保護基準を引き下げた国の判断を違法とした22日の大阪地裁判決。食費や電気代を抑えるなどして、ぎりぎりの生活を続けてきた原告の生活受給者らは「画期的な判決だ」と喜び合った。新型コロナウイルスの感染拡大で公的支援が必要な人は増えており、保護基準の見直しを求める声も上がった。

 「決定を取り消す」。午後3時、判決が言い渡されると、原告側の弁護士は拳を握りしめた。地裁前で「勝訴」「保護費引き下げの違法性認める」と書かれた旗が掲げられると、集まった約40人の支援者から「やったー」「勝った、勝った」と歓声や拍手が上がった。

 判決後、原告団は報告集会を開いた。共同代表の小寺アイ子さん(76)=大阪市旭区=は「今の生活は苦しいんだという思いが裁判長の心に深く刺さったのだと思う。涙が止まらない」と声を震わせた。仲村義男さん(74)=同市大正区=は「人間がどん底に落ちても、助けてくれるセーフティーネットが生活保護だ。勝訴はうれしくて仕方ない」と目を細めた。

この記事は有料記事です。

残り1382文字(全文1818文字)

あわせて読みたい

注目の特集