巨人・原辰徳監督「隔離中の外国選手も練習できるように」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
巨人の原辰徳監督 拡大
巨人の原辰徳監督

 巨人の原辰徳監督(62)は22日、新型コロナウイルスの影響でチームへの合流が遅れている外国選手について、入国後2週間の隔離期間中も練習できるよう訴えた。テニスの全豪オープンで、隔離中も試合に向けた調整のため1日5時間の外出が許されたことを例に「アスリートが2週間立ち止まると、取り返すには2、3倍の時間がかかる。体を動かせたら復帰はすごく早くなる」と指摘した。

 プロ野球の外国選手を巡っては、感染拡大を受け、新規入国の一時停止が長引き、一部の選手が来日できていない。入国できても隔離期間中は、部屋の中での素振りやトレーニングなどに練習が限られ、調整遅れが懸念される。プロ野球とJリーグでは今月10日、隔離期間の短縮を文部科学省に要望していた。

 巨人も新加入のスモーク、テームズら4人の外国選手が合流できていない。原監督は「(全豪テニスの例は)コロナ下の前向きなルールとして、とても賛同できた」と語った。【角田直哉】

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集