震度6強 1週間ぶり給食再開 被災の新地・尚英中 /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
1週間ぶりの給食を食べる生徒たち=福島県新地町の尚英中で2021年2月22日午後0時42分、肥沼直寛撮影
1週間ぶりの給食を食べる生徒たち=福島県新地町の尚英中で2021年2月22日午後0時42分、肥沼直寛撮影

 県内で最大震度6強を観測した地震を受けて、被害の大きかった新地町の小中学校で唯一給食を中断していた町立尚英中学校は22日、1週間ぶりに給食を再開した。生徒たちは1週間ぶりの温かい給食に感謝しながら、人気メニューのカレーをほおばった。

 新地町ではこれまでに約1300世帯が一部損壊とされ、ほぼ全域にわたる約2900世帯で一時断水した。現在も一部地域で漏水のために水が出ない。

 尚英中でも給食室の給湯器が破損したり、食器を殺菌消毒する保管庫が故障したりして、16日から給食の提供を中断した。徐々に復旧しているが、給湯器の修理は今年度中は難しく、今は釜で湯を沸かしている。同校の加藤美恵主任調理員は「生徒たちに一日でも早く温かい給食を食べさせてあげたかった」と再開に胸をなでおろした。

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文582文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集