特集

第3回全国高校eスポーツ選手権

eスポーツを楽しむ高校生を応援し、文化として発展させていくことをテーマに開催される「全国高校eスポーツ選手権」の特集ページです。

特集一覧

全国高校eスポーツ決勝大会へ意気込み ルネサンス高「悔い残さず」 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
決勝大会に向けて練習に励むルネサンス高メンバーと顧問の西添和寿さん(右から2番目) 拡大
決勝大会に向けて練習に励むルネサンス高メンバーと顧問の西添和寿さん(右から2番目)

 高校生がチームを組み、対戦型コンピューターゲームで競う「第3回全国高校eスポーツ選手権」(毎日新聞社など主催、サードウェーブ共催)の決勝大会が3月13日から2日間、開催される。通信制で都内に拠点があるルネサンス高のチーム「野菜鶏レモン味」が同校のチームとして初めて決勝大会に進出。「悔いの残らない試合をしたい」と練習に励んでいる。

 ルネサンス高は、5人対5人で対戦する陣取りゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」(LoL)部門で決勝大会に駒を進めた。大会はLoLを含む2部門の競技で争われ、予選を勝ち抜いた各4チームがトーナメント方式で優勝を決める。

 「僕らはそれぞれの強さと弱さを認め合っているチーム。5人でやるからLoLは面白い」。キャプテンで、「ごっとふぃすと」の名前で活動する武安克典さん(3年)はそう話した。eスポーツ専門コースがある同校。メンバー5人のうち、4人はeスポーツを学ぶため、転校してきた。全員が無類のゲーム好き。だから、勝敗よりも、5人で試合を楽しむことが何より大事だと口をそろえる。

 チームを結成して5カ月。結成間もない頃、系列のルネサンス大阪高との練習試合で惨敗し、自信を失いかけた。だが、5人で何度も話し合い、全員の原点である「試合を楽しむこと」をチームの目標として試合に臨むことを誓った。予選決勝の対戦相手はルネサンス大阪高。息の合ったプレーやチームのエース、「Akagi」こと佐子貴則さん(3年)の活躍で、雪辱を果たした。佐子さんは「番狂わせだった」と笑いながら語る。

 強豪ひしめく決勝大会。武安さんは「1位を取ることより、楽しく、悔いの残らない試合をしたい。その先に勝利があったらいい」。【杉本修作】

あわせて読みたい

注目の特集