特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

はばたけ!兵庫の翼

’21センバツ選手紹介/3 東播磨 白岡大智選手/神戸国際大付 武本琉聖選手 /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東播磨の白岡大智選手 拡大
東播磨の白岡大智選手

 ◆東播磨

得意技のバント、感覚磨く 白岡大智選手(2年)

 2歳の時、兄2人と一緒にキャッチボールやプラスチックバットで遊んだのがきっかけで野球好きに。小学2年で少年野球チームに所属した。プレーに加え、球場自体も愛する。球場ごとに異なる電光掲示板のデザインなどにひかれるという。

 中でも、よくテレビで見る甲子園は憧れの場所。高校選びも、別のチームを甲子園に導いた福村順一監督の下で技術を磨き、憧れの球場を目指そうと、東播磨に決めた。

 得意技はセーフティーバント。「自分が必要とされているのはバント」と自任する。球を捉える感覚を忘れないようバントの体勢から、トスしてもらった球を手でキャッチする練習が日課だ。福村監督は「相手から嫌がられる選手に成長した。センバツでは攻守共に相手の意表を突くプレーを」と期待する。

 秋の大会は10試合で10安打。「甲子園ではマルチ安打で、チームに貢献したい」


 (1)163センチ・60キロ(2)右投げ、右打ち(3)加古川・別府中(4)ディズニー映画鑑賞(5)すし/ナス


 ◆神戸国際大付

体力つけて、長打力鍛える 武本琉聖選手(2年)

神戸国際大付の武本琉聖選手
神戸国際大付の武本琉聖選手

 稲美町出身で、父親も神戸国際大付のOB。2019年秋の近畿大会で活躍、1年生の時から注目されている。

 2年生になり、3番や5番を任されることが多く、20年秋は10試合で打率3割。秋季県大会は勝負どころで決勝打を放ち、チームの優勝に貢献した。持ち味の長打力に期待がかかる。

 今冬は学校近くの山を走って体力をつけた。1周約700メートルのコースを10周し、30分以内にゴールする目標をチームで立てている。26分10秒のチーム3位の記録も作り、「妥協せず、成長し続けようとする根性がついた」と自身の成長を感じている。

 バッティング練習では、カウントが苦しい場面を想定し、右中間に鋭く打ち返すことを意識。センバツでは「自信を持ってはじけるプレーをしたい」と意気込む。


 (1)180センチ・79キロ(2)左投げ、左打ち(3)稲美・稲美北(4)TikTok(ティックトック)を見ること(5)すし/キムチ


 <メモの見方>(1)身長・体重(2)投・打(3)出身中学(4)趣味(5)食べ物の好き/嫌い

〔但馬版〕

あわせて読みたい

注目の特集