大相撲 時津風親方、退職勧告 場所中に外出 退職届受理

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本相撲協会は22日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、不要不急の外出自粛を求めた日本相撲協会の新型コロナウイルス対策のガイドラインに違反し、初場所中にマージャン店などに行っていたことが明らかになった時津風親方(47)=元前頭・時津海=に対し、退職勧告の懲戒処分と退職金30%減額を決めた。すでに時津風親方から提出されていた退職届の受理を決定し、時津風親方は退職した。年寄「時津風」は同部屋付きの間垣親方(35)=元前頭・土佐豊=が襲名し、新たな時津風親方として部屋の師匠になった。

 時津風親方は大関・正代らの師匠。協会によると、初場所中の1月18~22日、都内のマージャン店に出入りしていた他、マッサージ店などにも行っていたという。本人らに新型コロナ感染はなかったが、協会は「初場所の中止にもつながりかねなかった。親方を協会に在籍させ続けることは相当とは言いがたい」とし、提出されていた退職届を受理した上で処分を決めた。

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文610文字)

あわせて読みたい

注目の特集