連載

くらしナビ・環境

地球温暖化や野生生物との関わり、ごみ問題…。地球を守るにはどうすればいいのかを考えます。

連載一覧

くらしナビ・環境

電力市場高騰、再エネ業者に痛手

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
供給力が落ちた大手電力=島根県浜田市の火力発電所で、本社ヘリから加古信志撮影
供給力が落ちた大手電力=島根県浜田市の火力発電所で、本社ヘリから加古信志撮影

 電力市場の取引価格はこの冬、異常な高騰が続いた。そのあおりで、太陽光や風力など再生可能エネルギーを扱う新規参入業者(新電力)の多くが経営難に陥った。脱炭素社会の柱と期待される再エネの拡大に暗雲が垂れこめる。

 ●「売り切れ」3週間

 新電力は現在約700社あり、自前の発電設備を持たない会社も多い。そうした会社は「日本卸電力取引所」(JEPX)を通じて電気を調達し、顧客に販売している。再エネを手掛ける新電力の多くも、自前でまかなえない分をここで買っている。市場には電力会社の余った電気が売りに出され、入札で価格が決まる。

 この取引所で昨年12月、異変が起こった。24時間分の電気を前日に取引する「スポット市場」の価格が同月下旬から上昇したのだ。1月6日に1キロワット時100円をつけ、同15日には過去最高値の同251円まで跳ね上がった。

この記事は有料記事です。

残り1678文字(全文2046文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集