特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

愛知リコール 署名不正、高須氏関与否定 弁護士「調査できぬ」

リコール署名の不正疑惑について、「全く知らない」と否定する高須克弥院長=名古屋市中区の愛知県庁で22日
リコール署名の不正疑惑について、「全く知らない」と否定する高須克弥院長=名古屋市中区の愛知県庁で22日

 愛知県の大村秀章知事の解職請求(リコール)を巡る署名不正疑惑で、署名活動団体「愛知100万人リコールの会」の会長を務めた美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長らが22日、県庁で記者会見し、団体の関与について「明確に何の関係もない」と改めて否定した。

 会見には高須院長のほか、同会の田中孝博事務局長、田中智之弁護士が出席した。リコール運動を巡っては、名古屋市の広告関連会社が別の会社を通じて佐賀県でアルバイトを募集し、事務局の指示で偽の署名を書き込ませていた疑惑が浮上しているが、田中事務局長は「佐賀の業者も知らないし契約もしていない。関係者も佐賀に行っていない」と主張。田中弁護士は「調査のしようもない。関係する会社に記者会見をしていただいた方がいい」と述べた。

 高須院長によると、広告関連会社社長から17日に電話があり、疑惑について尋ねたところ「違います」と答えたという。高須院長は「署名は(名古屋市の)河村たかし市長から手伝ってほしいと頼まれた。田中事務局長は河村市長が紹介してくれた人材。事務局長を信じます」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文1086文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

注目の特集