自民、執行部と女性議員が意見交換へ オブザーバーから軌道修正

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党本部=曽根田和久撮影
自民党本部=曽根田和久撮影

 自民党は近く、執行部と党所属女性議員の意見交換会を開く。二階俊博幹事長は当初、幹部会議に女性議員をオブザーバー参加させる方針だったが、党内から「発言権がなければ意味がない」(女性議員)との声が出て軌道修正を図った格好だ。意見を党運営に反映させ、女性活躍推進につなげられるかどうかが問われそうだ。

 野田聖子幹事長代行は22日の記者会見で、意見交換会に関し「女性議員から執行部との直接対話が必要とい…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文497文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集