尖閣周辺、中国公船の漁船追尾が急増 「海警法」施行以降

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 中国海警局の武器使用規定を明文化した「海警法」が1日に施行された後、同局に所属する公船が沖縄県・尖閣諸島周辺の日本領海に侵入し、日本漁船に接近・追尾する件数が急増している。このうち1回は機関砲のようなものを搭載した公船が追尾する異例の事態となった。

 中国は「尖閣諸島が自国の領土」という一方的な主張に基づき、日本領海に繰り返し侵入。日本漁船を追尾する際は「中国領海」から出るよう求める内容の呼びかけをしているという。日本政府関係者は「あたかも法を執行するような動きで実績を重ねる狙いではないか」と警戒を強めている。

 中国公船は1日以降、延べ6日侵入した。日本漁船の追尾は20日以外毎回行い、6、7日▽15、16日▽21日の3件に上った。漁船追尾は過去にも2013年に2件、14年に1件、19年に1件あったが、20年に8件に増加。今年は1月の1件と合わせ、2カ月足らずで4件と過去最多ペース。

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文730文字)

あわせて読みたい

ニュース特集