福島・新地沖クロソイから基準超セシウム 流通停止

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
福島県
福島県

 福島県漁連は22日、新地沖でとれたクロソイから国の基準(1キロ当たり100ベクレル)を超える同500ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。県漁連は安全性が確認できるまで流通を全面的に停止する。国の基準を超えているため出荷停止となる可能性が高い。

 県漁連によると新地沖約8・8キロ、水深24メ…

この記事は有料記事です。

残り172文字(全文322文字)

あわせて読みたい

注目の特集