特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

原発のたたみ方

福島第1の廃炉技術、他の原発でも活用できるのか

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える原子力損害賠償・廃炉等支援機構の山名元(はじむ)理事長=東京都港区で2月5日、内藤絵美撮影
インタビューに答える原子力損害賠償・廃炉等支援機構の山名元(はじむ)理事長=東京都港区で2月5日、内藤絵美撮影

 東京電力福島第1原発の事故後、多くの原発の廃炉が決まった。福島第1では廃炉作業が進むが、その経験は他の原発でも活用できるのだろうか。福島第1の廃炉作業を支援する「原子力損害賠償・廃炉等支援機構(NDF)」の山名元(はじむ)理事長に聞いた。

【聞き手・荒木涼子/科学環境部】

電力業界、廃炉見据えた計画に遅れ

 ――原発事故で、電力業界は廃炉作業に急に向き合わざるを得なくなった面があります。

 ◆その通りで、日本の原子力産業は、まさにそこで大失敗した。電力業界は、廃炉まで見据えた計画が遅れていた。原子力とは本来、廃炉作業まで確実にした上で使っていく技術だったので、反省すべき点だ。

 福島第1では、廃炉作業との「戦い」が突如現れた。これまで不確実な状況と戦い、柔軟に対応しつつ戦略を立ててきた。ポイントは、廃棄物や(核燃料が溶け落ちた)燃料デブリの「基礎研究」、放射線量が高く人が近づけないことに伴う遠隔技術などの「工学開発」、廃炉作業のために開発した工法を現場に合わせる「システム開発」の三つだ。

 ――培った知見を、他の原発の廃炉にも役立ててほしいです。

 ◆願望はそうだ。実際は、福島第1での経験が他でもそのまま使える分野、参考になる分野、福島第1に特化しすぎていて他で活用するのに応用が必要な分野がある。

 そのまま使える分野は、例えば廃炉作業のマネ…

この記事は有料記事です。

残り1652文字(全文2225文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集