暴力団員に住宅ローンの名義貸し 海自隊員ら3人詐欺容疑で逮捕

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
広島県警本部が入る広島県庁東館 拡大
広島県警本部が入る広島県庁東館

 暴力団員の一戸建て購入資金にするため、金融機関をだまして住宅ローンを融資させたとして、広島県警は23日、海上自衛隊呉基地(同県呉市)の3等海曹、西浦大輔容疑者(48)=広島市東区尾長東1=ら3人を詐欺容疑で逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は、西浦容疑者は2014年9月21日、知人で指定暴力団共政会(広島市)傘下組織の組員、佐々木渉容疑者(48)=同市西区己斐大迫3=と、その内縁関係にある露天商、松本幸枝容疑者(47)=同=と共謀。佐々木容疑者の一戸建て購入資金に充てることを隠し、市内の金融機関とローン契約を結び、現金3020万円を自分の預金口座に入金させたとしている。

 県警によると、西浦容疑者は暴力団員に資金提供しないと確約する文書を、金融機関と交わしていた。佐々木容疑者の自宅が、西浦容疑者名義になっていたため発覚した。海自呉地方総監部によると、西浦容疑者は潜水艦救難艦「ちはや」の乗組員。

あわせて読みたい

注目の特集