特集

センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から31日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

四国と東北の王者対決 明徳義塾と仙台育英が激突 選抜高校野球

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
対戦が決まった明徳義塾の米崎薫暉主将(左)と仙台育英の島貫丞主将=大阪市西区の日本高野連で2021年2月23日、山田尚弘撮影 拡大
対戦が決まった明徳義塾の米崎薫暉主将(左)と仙台育英の島貫丞主将=大阪市西区の日本高野連で2021年2月23日、山田尚弘撮影

 3月19日から阪神甲子園球場で開催される第93回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が23日あり、明徳義塾(高知)と仙台育英(宮城)が大会第1日第2試合で対戦することが決まった。

 四国を制した明徳義塾と、東北覇者の仙台育英がいきなりぶつかる。初戦の1回戦で唯一、昨秋の地区大会王者同士の対戦となった。両校合わせて春夏通算の甲子園出場回数は80回を超えるが、甲子園での顔合わせは意外にも初めてとなる。

 明徳義塾の主将・米崎は「(仙台育英は)東北を制してきているので強い」と警戒する様子を見せつつ、「一戦必勝で優勝を目指す」と意気込みを語った。選手宣誓も行う仙台育英の主将の島貫は、明徳義塾を「(左腕エースの)代木君を中心に堅い守りで、完成度が非常に高いチーム」と分析。「『日本一からの招待』という(チームの)スローガンに見合った大会にしたい」と力を込めた。【新井隆一】

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、大会期間中、全31試合を中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2021)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。

【センバツ高校野球】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集