特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

甲子園「新顔」が初勝利目指す 柴田vs京都国際 選抜高校野球

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
対戦が決まった柴田の遠藤瑠祐玖主将(左)と京都国際の山口吟太主将=大阪市西区の日本高野連で2021年2月23日、山田尚弘撮影 拡大
対戦が決まった柴田の遠藤瑠祐玖主将(左)と京都国際の山口吟太主将=大阪市西区の日本高野連で2021年2月23日、山田尚弘撮影

 3月19日から阪神甲子園球場で開催される第93回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が23日あり、柴田(宮城)と京都国際が大会第5日第2試合で対戦することが決まった。

 春夏通じて初の甲子園出場となる「新顔」同士の対戦だ。柴田は宮城大会3位から東北大会準優勝、京都国際も京都大会3位から近畿大会4強入りと、ともに昨秋の地区大会で飛躍した両校が「初勝利」を目指して激突する。

 柴田の主将・遠藤は京都国際の印象を「森下投手を中心に粘り強い野球をする」と語る。公立校だけに地元の盛り上がりも大きく、「恩返しのためにも一戦必勝で臨む。東日本大震災から10年の節目に、宮城県の復興を自分たちのプレーで全国に伝えたい」と意気込む。

 京都国際の主将・山口は、柴田について「守備が堅く、攻撃力も高くバランスが取れている」とし、「終盤勝負に持ち込みたい」と展望。「コロナ下での開催だけに、勇気と感動を与えられるように戦っていく」と力を込めた。【田中将隆】

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、大会期間中、全31試合を中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2021)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集