特集

センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から31日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

開幕カードは好投手が激突 神戸国際大付ー北海 選抜高校野球

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
対戦が決まった北海の宮下朝陽主将(左)と神戸国際大付の西川侑志主将=大阪市西区の日本高野連で2021年2月23日、山田尚弘撮影 拡大
対戦が決まった北海の宮下朝陽主将(左)と神戸国際大付の西川侑志主将=大阪市西区の日本高野連で2021年2月23日、山田尚弘撮影

 3月19日に阪神甲子園球場で開幕する第93回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が23日、オンラインで行われ、4年ぶり5回目出場の神戸国際大付(兵庫)と、10年ぶり13回目出場の北海(北海道)が開幕試合で対戦することが決まった。

 開幕カードは好投手対決だ。神戸国際大付の右腕・阪上、北海の左腕・木村はともに最速145キロの伸びのある直球が持ち味。スライダーが切れるのも共通点で、両投手とも1試合あたりの平均奪三振は今大会の出場投手でも指折りだ。両校は2017年夏の甲子園の初戦でも対戦しており、神戸国際大付が5―4で競り勝った。神戸国際大付の主将・西川は「くじを引いた時は少し緊張した」と苦笑しつつ、「高校生らしいはつらつとしたプレーをしたい」と力を込めた。対する北海の主将・宮下は「相手は投打に力がある。守り勝つ野球をして、先輩たちのリベンジを果たしたい」と雪辱を誓っていた。【石川裕士】

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、大会期間中、全31試合を中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2021)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。

【センバツ高校野球】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集