特集

センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から31日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

系列校同士や地区大会決勝再現の好カード 選抜高校野球Bゾーン

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
リモートで行われた第93回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会=大阪市西区で2021年2月23日午後2時59分、山田尚弘撮影 拡大
リモートで行われた第93回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会=大阪市西区で2021年2月23日午後2時59分、山田尚弘撮影

 3月19日から阪神甲子園球場で開催される第93回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が23日あり、Bゾーンでは東海大系列校同士の直接対決や、昨秋の九州大会決勝と同じ顔合わせの好カードが組まれた。

 東海大相模と東海大甲府による「東海大対決」が実現した。昨秋の関東大会2回戦で対戦した際は甲府が2―1で競り勝った。雪辱を誓う相模の左腕・石田はテンポの良い投球が持ち味だけに、甲府打線を自分のリズムに引きずり込みたい。21世紀枠同士の対決となった具志川商―八戸西も注目度が高い。最速143キロのエース右腕・福島を擁する八戸西にやや分があるか。具志川商は持ち前の機動力で圧力をかけたい。大崎―福岡大大濠は昨秋九州大会決勝の再戦。当時は打線が不振だった福岡大大濠が後れをとったが、実力に差はなく好勝負が期待できる。21世紀枠の三島南は鳥取城北に挑む。軟投派の右横手・植松が鳥取城北の強力打線をいかに抑えるか。

三島南・伊藤侍玄(じげん)主将

 地元は盛り上がっていて、地域の皆さまから応援もいただいている。(相手の鳥取城北は)捕手の岸野選手を中心に堅い守りのチーム。どう打ち崩すかが重要だと思う。

鳥取城北・畑中未来翔(みくと)主将

 (対戦相手の三島南は)投打にバランスの取れたチームだと思う。自分たちはまだまだなので、走攻守すべてにおいて強化したい。目標は日本一。最善を尽くしたい。

東海大相模・大塚瑠晏(るあん)主将

 (対戦相手の東海大甲府について)関東大会で負けているので絶対にリベンジしたい。チームは仕上がってきた。目標は日本一。相模の野球であるアグレッシブベースボールで日本一をとりたい。

東海大甲府・三浦諒太主将

 (秋季関東大会で勝利した試合で)東海大相模には、5安打に抑えられた。もっと打たないと全国で通用しない。秋の大会ではまだまだ守備でも打撃でも隙(すき)が多かった。挑戦者の気持ちでいきたい。

具志川商・粟国陸斗主将

 (相手の八戸西は)打撃、守備ともにいいチームなので、自分たちの野球をできるかが鍵。多くの方から応援されているので、感謝の気持ちを忘れずに最後の一球まで全力で戦いたい。

八戸西・宮崎一綺(かつき)主将

 (相手の具志川商は)投手中心で、機動力もあるチーム。自分たちは打ち勝つ野球をしたい。(交流している)特別支援学校や地域の方が応援してくれているので、勝利で恩返ししたい。

福岡大大濠・川本康平主将

 (対戦相手の大崎とは)昨秋の九州大会決勝で対戦したが、守備、打撃ともにハイレベル。昨年は敗れたので、次は勝てるようにと目標にしてきた。全国優勝を目指したい。

大崎・秋山章一郎主将

 (対戦相手の福岡大大濠は)1度対戦したが、左右どちらも良い投手がおり、長打を打てるバッターがそろっている。甲子園に行けなかった3年生の分まで、一戦必勝でプレーしていきたい。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、大会期間中、全31試合を中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2021)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。

【センバツ高校野球】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集