特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

右腕・畔柳擁する中京大中京、1回戦最後に登場 選抜高校野球Dゾーン

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
次々と進められる第93回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会=大阪市西区で2021年2月23日午後3時28分、平川義之撮影 拡大
次々と進められる第93回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会=大阪市西区で2021年2月23日午後3時28分、平川義之撮影

 3月19日から阪神甲子園球場で開催される第93回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が23日あり、Dゾーンには注目の右腕・畔柳を擁する中京大中京(愛知)が入った。

 2年連続で東海大会を制している中京大中京は投打のバランスがいい。最速151キロ右腕の畔柳(くろやなぎ)は制球が良く変化球のキレも鋭い。打線も中軸の辻を中心に勝負強い打者がそろう。打力で劣る専大松戸は、右横手の深沢の奮闘が不可欠。茨城の竜ケ崎一、藤代、常総学院でも甲子園出場経験がある持丸監督の采配にも注目が集まる。

 常総学院はともに速球が持ち味の秋本、大川の両右腕を擁し、堅守が売り。昨秋の北信越を制した敦賀気比は、1年夏の甲子園を経験している4番・大島を軸に粘り強い打線で対抗したい。出場校中トップの得点力を誇る東海大菅生は昨秋13盗塁をマークした福原を中心に機動力も使える強みがある。初出場の聖カタリナ学園は、エースの桜井が接戦に持ち込みたい。

東海大菅生・栄塁唯(るい)主将

 (対戦相手の聖カタリナ学園は)チーム力がすごく良いという印象。自分たちは東京大会でも粘り強い野球ができた。センバツは4回目の出場だが、まだ1勝もできていない。一戦必勝で戦っていく。

聖カタリナ学園・小沢武門(たけひろ)主将

 (対戦相手の東海大菅生は)激戦の東京大会を勝ち抜いてきた強豪。(自分たちは)打ち勝つ野球を掲げているので、振り負けないようにいく。初戦に向けた準備を全力でやっていきたい。

柴田・遠藤瑠祐玖(るうく)主将

 (初出場で)非常に盛り上がっており、一戦必勝で戦いたい。投手中心に粘り強さが持ち味。(東日本大震災から10年の節目なので)宮城県の復興を自分たちのプレーで全国に伝えたい。

京都国際・山口吟太主将

 (対戦相手の柴田は)守備が堅く、攻撃力も高くてバランスの取れている選手が多い印象。(甲子園では)終盤勝負に持ち込んで、粘り強い野球を見せたい。全員で夢や希望を与えられるプレーをしていく。

常総学院・田辺広大(こうた)主将

 (対戦相手の敦賀気比は)エース中心に守り抜く野球。(2015年のセンバツで)優勝しているので強い印象がある。島田監督が初の甲子園で、優勝させたい。コロナ下の開催なので、一戦必勝で戦って勇気と感動を与えたい。

敦賀気比・大島正樹主将

 (対戦相手の常総学院は)関東大会でも上位の成績で、投打ともにレベルが高い。(チームの)持ち味である粘り強さを存分に発揮して、均衡した展開で粘り強く勝ち、日本一を目指す。

中京大中京・原尚輝主将

 (対戦相手の専大松戸は)戦国・千葉を勝ち抜いて、投打ともに戦力は高いが、うちも秋よりレベルアップしている。(春夏通算133勝は全国1位)日本一を目標にして、さらに勝利数を伸ばしたい。

専大松戸・石井詠己主将

 (対戦相手の中京大中京は)投打ともにトップレベル。挑戦する気持ちで戦いたい。持ち味の積極性を生かし、終盤まで諦めない粘り強い戦いをしたい。持っている力をすべて出し切りたい。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、大会期間中、全31試合を中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2021)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集