特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

第93回選抜高校野球 八戸西、初戦は具志川商 3日目第1試合 21世紀枠同士 /青森

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
対戦相手が決まった具志川商の粟国陸斗主将(左)と八戸西の宮崎一綺主将=大阪市西区の日本高野連で2021年2月23日、山田尚弘撮影 拡大
対戦相手が決まった具志川商の粟国陸斗主将(左)と八戸西の宮崎一綺主将=大阪市西区の日本高野連で2021年2月23日、山田尚弘撮影

 <センバツ高校野球>

抽選結果を部員らに伝える小川貴史監督(手前左)=青森県八戸市で2021年2月23日、南迫弘理撮影 拡大
抽選結果を部員らに伝える小川貴史監督(手前左)=青森県八戸市で2021年2月23日、南迫弘理撮影

 3月19日から阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開幕する第93回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の組み合わせ抽選会が23日、オンラインで開かれた。初出場する県勢の八戸西は大会3日目の第1試合で、同じ21世紀枠の具志川商(沖縄)と対戦することが決まり、21世紀枠同士の対戦となった。

 この日、抽選が終わると、小川貴史監督は八戸市内の屋内トレーニングセンターに向かい練習前の選手らに対戦相手を報告。「絶対に」と向けると、選手らは声を合わせて「勝つ!」と意気込んだ。

 八戸西は秋季県大会で準優勝し、東北大会では準々決勝で強豪の花巻東(岩手)を相手に1―2で惜敗するも、接戦を繰り広げた。昨年の秋季公式戦のチーム打率は3割5分1厘。打線には爆発力があり、打撃力を鍛えた冬の練習成果をどこまで発揮できるかが勝負のポイントとなりそうだ。【南迫弘理】


具志川商 春夏通じ初出場

 1977年創立の県立高。21世紀枠で、春夏通じて初めて甲子園に出場する。5年前には部員不足で他の部活動から選手を集めて大会に出場する状況だったが、地域の支援を受けて再生し、力を伸ばしたことが評価された。昨秋の県大会では甲子園常連校の興南などを破って準優勝、九州大会でも8強入りした。エースの新川俊介を中心に投手陣は層が厚い。機動力も持ち味で、昨秋の公式戦8試合で21盗塁を決めた。

あわせて読みたい

注目の特集