鳥インフル 高病原性を検出 栃木、那須塩原 陽性の2羽 /栃木

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は22日、2月中旬に死骸で見つかった2羽の野鳥から、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。

 感染が判明したのは、15日に栃木市内の水辺で発見されたハヤブサと、16日に那須塩原市の民家の庭で見つかったフクロウ。いずれも県の簡易検査で陽性だった。

 県は2羽の死骸が発見された地域を中心と…

この記事は有料記事です。

残り139文字(全文291文字)

あわせて読みたい

注目の特集