特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

センバツ高校野球 組み合わせ 東海大甲府VS東海大相模 第2日 昨秋、関東大会で勝利 /山梨

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
対戦が決まった東海大相模の大塚瑠晏主将(左)と東海大甲府の三浦諒太主将=大阪市西区の日本高野連で2021年2月23日、山田尚弘撮影 拡大
対戦が決まった東海大相模の大塚瑠晏主将(左)と東海大甲府の三浦諒太主将=大阪市西区の日本高野連で2021年2月23日、山田尚弘撮影

 3月19日に阪神甲子園球場で開幕する第93回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の組み合わせ抽選会が23日、オンラインで行われ、東海大甲府は大会第2日の第3試合(3月20日午後2時20分試合開始)で東海大相模(神奈川)と対戦することが決まった。【金子昇太】

 「運命のいたずらなのか」。抽選会後、村中秀人監督は報道陣にそう語った。東海大相模は村中監督の母校であり、昨秋の関東大会2回戦で4強を懸けて戦った相手でもある。試合は接戦の末、東海大甲府がサヨナラ勝ちを収めた。村中監督はグラウンドで練習をしていた選手たちを集め、「相手は東海大相模。関東大会からどれだけ変わったか、(甲子園で)見せてほしい」と呼び掛けた。

 東海大相模戦で1失点完投した若山恵斗投手(2年)は「ワクワクしている。一度勝っている相手なので、2回目も勝たないといけない。気迫のあるピッチングをみせたい」と意気込んだ。逆転サヨナラ打を打った久井竣也選手(同)は「良いイメージで試合に臨めると思う。つなぐ意識を持ち、良い打球を放ちたい」と語った。

 一方、「もう一度相模と対戦したいと思っていた」と闘志を燃やすのは猪ノ口絢太選手(1年)。秋の大会でチーム最多の13打点を挙げたが、東海大相模戦は無安打に終わった。「前回は先輩に助けてもらった試合だった。自分の成長した姿を甲子園で見せたい」と話した。


東海大相模

 「望星学塾」を礎とする東海大学付属高校の一つ。柔道部やラグビー部など、全国レベルの運動部が多い。野球部は1963年の学校創立と同時に創部。甲子園には春夏通算で22回出場し、2011年春、15年夏など4度の全国制覇を誇る。巨人の菅野智之ら、プロ野球選手も多数輩出している。注目は最速142キロの長身左腕エース・石田隼都投手。「アグレッシブベースボール」を掲げ、切れ目のない打線や積極的な走塁が持ち味だ。

あわせて読みたい

注目の特集