特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

センバツ高校野球 組み合わせ抽選 上田西、初戦は広島新庄 第4日第3試合 格上相手に挑戦 /長野

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
対戦が決まった広島新庄の大可尭明主将(左)と上田西の柳沢樹主将=大阪市西区の日本高野連で2021年2月23日、山田尚弘撮影 拡大
対戦が決まった広島新庄の大可尭明主将(左)と上田西の柳沢樹主将=大阪市西区の日本高野連で2021年2月23日、山田尚弘撮影

 阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で3月19日に開幕する第93回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の組み合わせ抽選会が23日、オンラインで行われ、上田西は大会第4日の3月22日、第3試合で、中国大会優勝の広島新庄(広島)と対戦することが決まった。広島新庄は2年連続3回目の出場で、守り勝つ「スモールベースボール」を掲げている。【皆川真仁、中島昭浩】

広島新庄との初戦に向けて意気込む上田西ナイン=長野県上田市下塩尻の同校で2021年2月23日、皆川真仁撮影 拡大
広島新庄との初戦に向けて意気込む上田西ナイン=長野県上田市下塩尻の同校で2021年2月23日、皆川真仁撮影

 選手たちは同校の学習室に集まり、緊張した面持ちでくじ引きの様子を見守った。

 リモートで抽選会に参加した主将の柳沢樹(2年)が上田西の「ウ」を選択すると、初戦の相手は直前にくじを引いた広島新庄に決定。柳沢は「伝統のある高校で、攻守ともに安定していて格上の相手」と印象を語り、「チャレンジャーとして粘り強く戦っていきます」と力を込めた。

 1番打者として強力打線をけん引する笹原操希(2年)は、組み合わせ決定後に早速、広島新庄の投手の動画をチェックし、「自分の第1打席で流れが変わってくると思うので、しっかり塁に出ることを意識してやっていきたい」と闘志を燃やしていた。エースの山口謙作(2年)は「甲子園常連校で、すごく強いチーム。あと1カ月ぐらいあるので、映像などを見て攻め方を考えていきたい」と警戒を強めていた。

 初戦を突破すると、2回戦の相手は関西の強豪・智弁学園(奈良)と大阪桐蔭(大阪)の勝者。大阪桐蔭がトーナメントの同ブロックに決まると、学習室に選手たちのどよめきが走った。吉崎琢朗監督(38)は「(広島新庄は)守りがしっかりしていて、打線も爆発力がある。先のことを考えずに一戦必勝で」と冷静に初戦を見据えた。


広島新庄 「守り勝つ」掲げ

 1909年創立の私立校。野球部は28年創部。センバツは2014年が初出場で、20年に続く3回目の選出。夏の甲子園も15、16年に連続出場した。初優勝を飾った20年秋の中国大会は、右腕・花田侑樹(2年)から左腕・秋山恭平(2年)へのリレーで、決勝までの3試合をいずれも1点差で勝ち切った。20年春に就任した宇多村聡監督は守り勝つ「スモールベースボール」を掲げ、打力アップにも取り組む。

あわせて読みたい

注目の特集