特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

第93回選抜高校野球 組み合わせ抽選 智弁学園-大阪桐蔭/天理-宮崎商 /奈良

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「初戦が楽しみ」と語る智弁学園の山下陽輔主将=奈良県五條市の智弁学園で、林みづき撮影 拡大
「初戦が楽しみ」と語る智弁学園の山下陽輔主将=奈良県五條市の智弁学園で、林みづき撮影

 <センバツ2021>

 3月19日に開幕する第93回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高野連主催)の組み合わせ抽選会が23日、オンラインで開催され、智弁学園の山下陽輔主将(2年)と天理の内山陽斗主将(同)が出席した。2年連続14回目選出の智弁学園は大会第4日の第2試合(午前11時40分開始予定)で大阪桐蔭(大阪)と、2年連続25回目選出の天理は大会第2日の第1試合(午前9時開始予定)で宮崎商(宮崎)とそれぞれ対戦する。【林みづき、広瀬晃子】

 ◆大阪桐蔭

投打盤石、機動力に特色

 野球部創部は1988年。甲子園初出場は91年のセンバツで春3回、夏5回の優勝を誇る。OBに中田翔選手(日本ハム)や岡田雅利選手(西武)、藤原恭大選手(ロッテ)ら。昨秋の近畿地区大会は決勝で智弁学園(奈良)と対戦して準優勝だった。今季は投打に技量が高く、足を絡めた攻撃が特徴。エースの松浦慶斗投手を軸に右腕の関戸康介、竹中勇登両投手らが中継ぎで控える。打線は主将で4番の池田陵真選手を中心に切れ目がない。

 ◆宮崎商

春出場は52年ぶり

ガッツポーズで意気込む内山陽斗主将=奈良県天理市の天理親里競技場で、広瀬晃子撮影 拡大
ガッツポーズで意気込む内山陽斗主将=奈良県天理市の天理親里競技場で、広瀬晃子撮影

 宮崎市中心部にある1919年創立の県立校。野球部は同年に創部され、63~69年に春夏5回出場し、64年夏4強。52年ぶり3回目となるセンバツは未勝利。昨秋の県予選は準決勝、決勝いずれも6点差をひっくり返して優勝した。バッテリー中心にリズムを作り、上位から下位まで切れ目ない打線は大量得点も。エース日高投手、主砲の中村、西原両選手らが鍵を握る。OBに元広島、阪急の水谷実雄さん、元近鉄の小川亨さんら。

あわせて読みたい

注目の特集