特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

第93回選抜高校野球 組み合わせ抽選 市和歌山VS県岐阜商 第4日第1試合 /和歌山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
対戦が決まった市和歌山の松川虎生主将(左)と県岐阜商の高木翔斗主将=大阪市西区の日本高野連で、山田尚弘撮影 拡大
対戦が決まった市和歌山の松川虎生主将(左)と県岐阜商の高木翔斗主将=大阪市西区の日本高野連で、山田尚弘撮影

 <センバツ2021>

 3月19日に開幕する第93回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高野連主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の組み合わせ抽選会が23日、日本高野連と出場32校の主将をオンラインでつないで行われた。【橋本陵汰】

 各主将は画面越しに抽選の文字をスタッフに伝え、スタッフがその文字が書かれた封筒からカードを引いて、組み合わせが決まっていった。

 市和歌山の松川虎生(こう)主将(2年)は大会4日目(3月22日予定)の第1試合(午前9時開始予定)を引き、対戦相手は同じ公立の県岐阜商(岐阜)に決まった。

 この日、市和歌山の選手らは午後2時ごろまで同校で練習し、その後、制服に着替えて教室に移動。モニターで抽選会の様子を見守った。

 抽選会後、グラウンドで報道陣の取材に応じた小園健太投手(同)は、県岐阜商について「いい左投手がいることは知っている。打線も全員力強いスイングをしてくるチームという印象だ」と答えた。試合に向けて「自分が弱みを見せてはいけない。バックを信じて、投げた試合は全て無失点に抑えられるよう、立ち上がりから強気でいきたい」と語った。目標は日本一と言い切り、「目の前の相手を倒すだけ」と決意を新たにしていた。


 ◆県岐阜商

春夏合計4回優勝

 1904年に岐阜市立岐阜商業学校として開校した公立校。甲子園は春夏合計で優勝4回、準優勝6回、通算勝利数は87勝。2018年にOBの鍛治舎巧監督が就任した。秋の東海地区大会で2完封した左腕・野崎慎裕(のりひろ)投手、最速148キロの右腕・松野匠馬投手の二枚看板を擁する。打線は、秋の県、東海地区大会計8試合の打率が4割の中西流空(りく)選手と、捕手で4番の高木翔斗主将がチームを引っ張る。

あわせて読みたい

注目の特集