特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

センバツ2021 組み合わせ抽選 カタリナ、初戦は東海大菅生と 第5日第1試合 /愛媛

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
対戦相手が決まり、抱負を述べる聖カタリナ学園の小沢武門主将(右)と、東海大菅生の栄塁唯主将=山田尚弘撮影 拡大
対戦相手が決まり、抱負を述べる聖カタリナ学園の小沢武門主将(右)と、東海大菅生の栄塁唯主将=山田尚弘撮影

 第93回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高野連主催)の組み合わせ抽選会が23日開かれた。初出場の聖カタリナ学園は大会第5日の第1試合(3月23日9時)で、6年ぶり4回目出場の東海大菅生(東京)との対戦が決まった。【斉藤朋恵】

 抽選は新型コロナウイルスの感染予防のためオンラインで実施。予備抽選と、同一県で出場する学校が決勝まで当たらないように振り分けた後、フリーでくじを引いた。

対戦相手が決まりどよめく聖カタリナ学園の選手ら。手前は越智良平監督=松山市で、斉藤朋恵撮影 拡大
対戦相手が決まりどよめく聖カタリナ学園の選手ら。手前は越智良平監督=松山市で、斉藤朋恵撮影

 聖カタリナ学園の小沢武門(たけひろ)主将(2年)は同校練習場近くの施設1室で25番目にくじをひき、対戦校を待った。相手が東海大菅生に決まると、別室のモニターで様子を見守っていた部員から「名門校だ」などとどよめきが上がった。高岡唯(ゆうゆ)選手(2年)は「テレビで何度も見ているチームなので楽しみ。左投手の準備をしっかりしたい」と気持ちを新たにした。


東海大菅生(東京) 17年夏に4強入り

 1983年に開校し、89年に現校名になった男女共学の私立校。野球部は学校創立と同時に創部。甲子園には春夏通算6回出場し2017年夏に4強に進んだ。OBに巨人の高橋優貴投手ら。優勝した昨年秋の東京大会では、堀町沖永(おきと)、千田光一郎両選手を中心に8試合でチーム打率3割8分9厘、53盗塁を記録した。左腕のエース本田峻也投手は最速143キロの直球とチェンジアップ、スライダーで緩急自在の投球を見せる。

あわせて読みたい

注目の特集