新型コロナ 関西、宣言解除に賛否 ぶり返し怖い/感染減り妥当

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
緊急時代宣言の解除要請を判断する関西3府県の各基準と2021年2月23日の感染状況
緊急時代宣言の解除要請を判断する関西3府県の各基準と2021年2月23日の感染状況

 大阪、京都、兵庫の3府県が2月末での緊急事態宣言解除を政府に要請した23日、大阪・ミナミの道頓堀では、解除要請を歓迎する声が上がる一方、新型コロナウイルスの感染拡大の「リバウンド」を恐れ、困惑する意見も聞かれた。

 兵庫県加西市の加藤悠人さん(48)は、衣料品を買いに中学生の長男と訪れた。運送会社に勤めており、コロナ禍で配達依頼が増えて人と接する機会が多くなり、感染リスクへの不安もあるが、「感染者数も減少の一途をたどっており、これから暖かくなるので解除は妥当なのではないか」と話した。

 一方で、慎重な意見も相次いだ。すし店を営む男性(71)は、行政による時短要請に「何度も振り回された」。売り上げは昨年同時期と比べて8割減り、人出の復活を待ち望むが、「ここで感染がぶり返したら、目も当てられない。解除してほしい気持ちと、早かったのではという思いで、複雑な感情だ」とため息をついた。買い物に訪れた堺市の高校教師の男性(41)は宣言解除で「生徒と会う機会が増えるので、個人的にはうれしい」…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文834文字)

あわせて読みたい

注目の特集