野党、農水省接待疑惑で調査結果報告を要求 農相不信任案も示唆

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
国会議事堂=川田雅浩撮影
国会議事堂=川田雅浩撮影

 立憲民主党の安住淳国対委員長は24日、国会内で自民党の森山裕国対委員長と会談し、大手鶏卵生産会社「アキタフーズ」グループを巡る汚職事件について、農林水産省の調査結果を早期に報告するよう求めた。「具体的な行動がないと来週以降の国会日程の審議には応じられなくなる可能性がある」と伝えた。

 森山氏は「農水省にしっかり要請・要望をお伝えする」と返答したが、具体的な報告時期については回答を留保した。25日の衆院予算委員会理事会で農水省に一定の説明をさせる見通しだ。

 これに先立つ立憲や共産党などの野党国対委員長会談では、野上浩太郎農相に対する不満が噴出。安住氏は記者団に「このまま行けば職責を果たしていないという判断をせざるを得ない」と述べ、不信任案提出の可能性を示唆した。

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文589文字)

あわせて読みたい

注目の特集