日米、思いやり予算1年延長で署名 「同盟強化へ緊密に連携」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
茂木敏充外相
茂木敏充外相

 日米両政府は24日、在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)の根拠となる現行の特別協定について、期限を2020年度末から21年度末に1年延長する改正議定書に署名した。日本政府は近く国会に提出し、3月末までの承認を目指す。

 21年度の日本側負担は2017億円。改正議定書には茂木敏充外相と米国のヤ…

この記事は有料記事です。

残り144文字(全文294文字)

あわせて読みたい

注目の特集