足利の山火事で177世帯に避難勧告 中学校は臨時休校 栃木

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
出火から4日目も延焼が続く山火事=栃木県足利市で2021年2月24日午後2時34分、本社ヘリから滝川大貴撮影
出火から4日目も延焼が続く山火事=栃木県足利市で2021年2月24日午後2時34分、本社ヘリから滝川大貴撮影

 栃木県足利市の両崖山(りょうがいさん)(標高251メートル)で21日、山火事が発生し、出火から4日目となった24日も延焼が続いた。同日午後5時半現在で山林約76・5ヘクタールを焼失。市はさらに拡大する恐れがあるとして、付近の住民約177世帯に避難勧告を出したほか、中学校1校を臨時休校にした。けが人や民家への被害は確認されていない。

 市などによると、火災は21日午後、同市西宮町の両崖山山頂付近で発生。強風などの影響で西側の天狗山(同259メートル)にも燃え広がった。火元は山頂の休憩所付近とみられ、21日は多くの人が訪れたという。自衛隊や消防が消火活動に当たっているが、鎮火の見通しは立っていない。現場はJR両毛線足利駅から北西に約2・5キロで市街地に近い。

この記事は有料記事です。

残り114文字(全文445文字)

あわせて読みたい

注目の特集