特集

菅首相長男接待

総務省幹部が「東北新社」に勤める菅首相の長男から接待を受けていた問題。特別扱いの構図が浮かび上がりました。

特集一覧

いびつな関係「身内に甘く一般国民に厳しい」 首相長男接待

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
接待を受けていた総務省幹部らの処分を発表し陳謝する武田良太総務相=同省で2021年2月24日午後5時20分、幾島健太郎撮影
接待を受けていた総務省幹部らの処分を発表し陳謝する武田良太総務相=同省で2021年2月24日午後5時20分、幾島健太郎撮影

 総務省幹部が放送事業会社「東北新社」側から繰り返し接待を受けていた問題は24日、官僚らの大量処分に発展した。浮き彫りになったのは国家公務員倫理法に基づく倫理規程が禁じる違法な接待だ。その席には同社に勤める菅義偉首相の長男の存在もあり、いびつな関係に厳しい目が向けられている。

 問題となった会食のうち、山田真貴子内閣広報官は総務審議官だった2019年11月に1人あたりの飲食代が7万4203円の接待を受け、和牛ステーキや海鮮料理などが主に提供されたという。

 東京・新橋を行き交う人々からはあきれる声が聞かれた。「考えられない金額。ふざけんじゃないよ」。東京都江東区の会社員、鈴木哲也さん(44)はそう憤り「恩は恩で返すと普通思うだろうし、何かある時には総理の息子の顔が一番に浮かぶだろう」と顔をしかめる。渋谷区のフリーランスの女性(24)も「高すぎる。自分だったら、その対価に何かしなきゃいけないと思う」と話した。

 「食事に出す金額ではない」とあ…

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1416文字)

【菅首相長男接待】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集