白鵬、春場所連覇を宣言 コロナ乗り越え、合同稽古で上機嫌

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
合同稽古に参加した白鵬(右)=東京都墨田区の相撲教習所で2021年2月24日
合同稽古に参加した白鵬(右)=東京都墨田区の相撲教習所で2021年2月24日

 大相撲の横綱・白鵬が24日、東京・両国国技館内の相撲教習所で行われている合同稽古(げいこ)に参加した。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、大阪ではなく両国国技館で開催される春場所(3月14日初日)に向けて、早くも「優勝宣言」が飛び出した。

 白鵬は26歳の若隆景を指名し、「若手は確実に力をつけてますから。どういうもんかなと」と30番取り、得意の右四つからの攻めなどで圧倒したほか、「仏壇返し」の別名もある大技の「呼び戻し」を決める場面もあった。所属部屋で稽古を積んできたという白鵬は「引き締まるものがあるし、環境を変えるとい…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文660文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集