「目立たないと」 タカ上林 レギュラー返り咲きへ好調アピール

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ロッテとの練習試合の六回、2点三塁打を放ち笑顔を見せるソフトバンクの上林誠知=宮崎市のアイビースタジアムで2021年2月24日午後2時半、黒澤敬太郎撮影
ロッテとの練習試合の六回、2点三塁打を放ち笑顔を見せるソフトバンクの上林誠知=宮崎市のアイビースタジアムで2021年2月24日午後2時半、黒澤敬太郎撮影

○ロッテ3―2ソフトバンク●(24日・アイビースタジアム)

 ソフトバンクは宮崎市であった練習試合でロッテと対戦し、2―3で敗れた。

 勢いよく三塁に滑り込むと、小さくガッツポーズをして笑顔を見せた。ソフトバンクの上林が宮崎市であったロッテとの練習試合で2点三塁打を放った。レギュラー再奪取を誓うシーズンへ向けて、「目立たないといけないんで」と決意をにじませる。

 六回2死一、二塁、ロッテ・松永の変化球を捉えて右翼線へ。2人が還り、自身も三塁を陥れた。前日の練習試合でも安打を放つなど好調で「下半身の使い方がうまくなってきている」と手応えを語る。

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文581文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集