道の駅の雪室、初めて雪搬入 妙高・昨夏オープン /新潟

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
雪が降る中、雪室へ搬入するコンテナへ雪を運び込む人たち=新潟県妙高市長森で2021年2月24日、石塚誠撮影
雪が降る中、雪室へ搬入するコンテナへ雪を運び込む人たち=新潟県妙高市長森で2021年2月24日、石塚誠撮影

 妙高市長森の道の駅あらいの複合施設「四季彩館みょうこう」で24日、雪室への雪の搬入作業が始まった。直売所やレストランなどを備えて2020年7月にオープン。今回が初めての雪入れになった。

 この日は雪が降る中、重機で運ばれた雪を高さ約1・5メートルのコンテナの中へ入れた後、リフトに載せて雪室の中まで運…

この記事は有料記事です。

残り117文字(全文267文字)

あわせて読みたい

注目の特集