特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

目指せ頂点・21センバツ敦賀気比

選手紹介/4 /福井

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
守備練習をする森田世羅左翼手(2年)=福井県敦賀市沓見の敦賀気比高校野球場で、大原翔撮影 拡大
守備練習をする森田世羅左翼手(2年)=福井県敦賀市沓見の敦賀気比高校野球場で、大原翔撮影

他部員の相談相手 森田世羅左翼手(2年)

 バントやヒットエンドランといった小技を器用にこなす2番打者。小学生の時からバドミントンのシャトルをバットで打つ練習をしてきたため、芯でボールを捉えるのを得意とする。打席での構え方などについて、他の部員からアドバイスを求められることもあり、打撃面が課題のチームの貴重な相談相手となっている。

 中学、高校と2度肩を負傷し、整骨院で「肩甲骨の動きがよくない」と言われた。肩の可動域を広げるため、寝る前にストレッチをしてけがの防止に努めている。

 好きな科目は数学。「問題ごとにポイントを素早く見つけて効率的に解く数学は、状況に応じた瞬時の判断を求められる野球に似ている」という。

打撃練習1日1000本 大島正樹中堅手(2年)

打撃練習をする大島正樹主将(2年)=福井県敦賀市沓見の敦賀気比高校野球場で、大原翔撮影 拡大
打撃練習をする大島正樹主将(2年)=福井県敦賀市沓見の敦賀気比高校野球場で、大原翔撮影

 土日の朝は2年生で一番にグラウンドに着き、練習を始める。岡村匠樹前主将が同様にしてチームを引っ張る姿を見て、自身も主将として習慣にした。

 試合を左右するプレッシャーのかかる局面でも冷静なバッティングができる精神力を持つ。秋の県大会と北信越大会では全9試合に出場し、チーム唯一の2桁となる15打点を記録した。力みの少ない滑らかなスイングでボールを正確に捉え、打線を活気づける。

 チームを優勝に導いたが、大会後の練習試合では思い通りに打てなかった。課題を克服するため1日1000本以上の打撃練習や体重増に励んでおり、「北信越大会のときよりレベルアップしている。早く実戦で打ちたい」と闘志を燃やす。

あわせて読みたい

注目の特集